SEGASATURN 「ルパン三世 ザ・マスターファイル 1971-1994」

■セガ・サターンソフト 「ルパン三世 ザ・マスターファイル1971-1994」
 1996年3月29日 (株)MIZUKI発売 価格:5,800円

20170501-323
※パッケージ表

20170501-322
※パッケージ裏

20170501-321
※ディスク表面

TV版1stシリーズから3rdシリーズの228話、TVスペシャル6話、OVA版1話、そして映画版3話のデータを完全網羅!
このソフトだけでしか見ることのできないオリジナル・ムービーまで収録した、ルパン三世のすべてを暴きだすデータティメント・マルチメディア・ソフトがセガサターンに登場です。


20170501-326
※1996年公開映画「ルパン三世 DEAD OR ALIVE」パンフレット掲載広告

続きを読む

スポンサーサイト

漫画アクション表紙秀作集

■双葉社刊 漫画アクション増刊1978年1月1日号 「ルパン三世 その秘密全公開」掲載
 「モンキー・パンチ イラスト展覧会 漫画アクション表紙秀作集」(3頁)

20170412-317

20170412-313

20170412-315

20170412-316

20170412-314

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

荒SAGASI 【11】

パワァコミックス版「ルパン三世」第14巻(双葉社/1976年刊)に掲載されている第128話「ルパン送葬曲(その1)」のワンシーン。

20161210-052 20170214-303

続きを読む

新ルパン三世 原画セル

■双葉社刊 漫画アクション増刊1978年1月1日号
 「ルパン三世 その秘密全公開」付録・「ルパン三世」原画セル

20170412-311

★スライドにしてみよう。テレビより迫力あるよ。

やりました・・・・ね。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

「ルパン三世 magazine」 (2001年~2004年)

■WEEKLY漫画アクション増刊号「ルパン三世 magazine」

総集編の好評に伴い、原作者のモンキー・パンチ先生を責任編集と迎え「ルパン三世 magazine」新装刊。

山上正月氏の連載漫画に加え、芸能人・漫画家・ルパン関係者と先生の対談やグラビアなどの企画が加えられ、ただの総集編ではなくルパンファン全てを喜ばせるような雑誌に昇格。

有名漫画家によるルパンイラストも必見でした。

■2001年5月25日増刊号
kousiki01.jpg

モンキー・パンチ先生のイラストと千葉麗子とのインタビュー以外は、まだ前号の総集編との違いは感じられません。
「モンキー・パンチ賞をめざせ!」など今後を期待させる企画はありましたが・・・結局、企画倒れでしたね。

■2001年8月18日増刊号
kousiki02.jpg 20141019-001

スペシャルゲスト企画ではやまだないと氏の漫画「ウラのウラ」が逸品。
単行本未収録作品「ガール・ナッパー」も掲載。

■2002年1月16日増刊号
kousiki03.jpg 20141019-002

江川達也氏のカラーピンナップと、島本和彦氏、安野モヨコ氏、細野不二彦氏、末松正博氏のコラムとイラストは必見。
単行本未収録作品「一宿一殺」掲載。

■2002年5月1日増刊号
kousiki04.jpg 20141019-003

寺田克也の対談と次元を描いたカラーピンナップに燃えます。
単行本未収録作品「オレはシャドー」掲載。

■2002年8月19日増刊号
kousikki05.jpg 20141019-0015

連載35年記念の大塚康生氏・おおすみ正秋氏・納谷悟朗氏とモンキー・パンチ先生のスペシャル対談です!
単行本未収録作品「銭さんナンセンス」掲載。
「めざせ峰不二子!」はどうにかならんかったのですかね。

■2002年11月11日増刊号
kousiki06.jpg misyuu002-02.jpg

何よりも単行本未収録作品「ロールスセイラー」が素晴らしい!
巻頭のコスプレグラビア・・・C.C.ガールズってこんなに酷かったっけ?

■2003年1月20日増刊号
kousiki07.jpg misyuu003-02.jpg

単行本未収録作品「Tell me a bedtime Story」(前・後編)がイイ!
モンキー・パンチ氏とちばてつや氏の対談・・・どちらも世代ですので。
磯山さやかが若い。

■2003年4月14日増刊号
kousiki08.jpg
 
oreryuuha003-02.jpgryuuha001-02.jpg

 aruamenohi004.jpg

単行本未収録作品「俺ッ流派無し・・・!!」がイイ!
大塚康生氏の描き下ろし漫画「ある雨の日の午後」(前編)が・・・・嬉しくもあり、ちょっと寂しい。
モンキー・パンチ氏と永井豪氏の対談・・・オッサンにはうれしいです。
熊田曜子・・・・・

■2003年8月18日増刊号
kousiki09.jpg 

misyu001-02.jpg aruamenohi003.jpg

単行本未収録作品「センチメンタルナイト」にシビれる!  
藤原紀香は分かるとして、なぜに京本政樹?
大塚康生氏の描き下ろし漫画「ある雨の日の午後」(後編)が・・・・ちょっと哀しい。

■2003年11月21日増刊号
kousiki10.jpg

え~!単行本未収録作品ないの?!
ちょっとトーンダウンです。
この号が「WEEKLY漫画アクション増刊号」ではなく「アクションピザッツ増刊号」なのが原因なのでしょうか?

■2004年2月17日増刊号 
kousiki11.jpg

この号も「アクションピザッツ増刊号」です。
何か、普通の総集編に戻ってしまったかのような作り。
どうせ単行本を買うんから今後は買わなくてもいいかな・・・と思った記憶があります。

この後「ルパン三世 magazine」は“モンキー・パンチ責任編集”から“トムス・エンタテイメント責任編集”と変わり、再度新装開店します。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

CD 「ルパン三世 トリビュートアルバム」の広告

1999522koukoku01.jpg

■1999年5月掲載

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

モンキー・パンチイラストギャラリー 【3】

■2012年7月28日発行「ルパン三世officialマガジン‘12夏」掲載
  ルパン三世生誕45周年記念!モンキー・パンチイラストギャラリー


1999年からWeekly漫画アクションに掲載された平成版漫画ルパン三世(原作/モンキー・パンチ×作画/山上正月)に伴い漫画アクション表紙のためにモンキー・パンチ先生自らがデータ原稿にて描き下したイラストを特別に大公開!!イラスト単体ではなかなか見ることが出来ない貴重なものばかり。Weekly漫画アクションの表紙だけでなく、電車の中吊り広告にイラストも掲載しているぞ。新世紀を目前に描かれたルパン先生を一気にご覧あれ!!

■掲載3頁目

20170427-3019
Weekly漫画アクション1998年12月22日号

続きを読む

ルパンファミリー愛用の煙草 【まとめ】

■ルパン三世愛用の煙草

jitannb_convert.jpg  jitannraitob_convert_20170628193841.jpg

●ジタン・カポラル:Gitanes Caporal(フランス/セイタ社・現アルタディス社)
 「ルパン三世名場面集PARTⅤ」他ムック本多数記載
 「LUPIN the Third -峰不二子という女-」第1話「大泥棒VS女怪盗」他
 「PART4」数話/実写映画「ルパン三世」

⇒コチラ
 
●ジタン・ブロンド・ライト:Gitanes Blondes Legeres(フランス/アルタディス社)
 VSP第16作「盗まれたルパン 〜コピーキャットは真夏の蝶〜」
⇒コチラ

gorowabs005.jpg cabinnb.jpg ra-kub_convert_20170628194000.jpg

●ゴロワーズ:Gauloises(フランス/アルタディス社)
 セカンドシリーズ第154話「ヘクサゴンの大いなる遺産」
 TVSP24作「ルパン三世 princess of the breeze 〜隠された空中都市〜」

⇒コチラ

●キャビン:CABIN(日本/日本たばこ産業)
 映画「DEAD OR ALIVE」(表記はCABIM)
⇒コチラ

●ラーク:LARK (アメリカ/L&M社・現フィリップモリス)
 セカンドシリーズ第97話「ルパン一世の秘宝を探せ」
⇒コチラ



■次元大介愛用の煙草

perumeruryougiri2.jpg perumerub_convert_20170628193945.jpg 

●ポールモール:PALL MALL(アメリカ/、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ社)
 「LUPIN the Third -峰不二子という女-」第5話「血濡れた三角」
 TVSP数話/実写映画「ルパン三世」

⇒コチラ

●ポールモール・キングサイズ:PALL MALL SUPERLONG
 映画「ルパン三世(ルパンVS複製人間」
 セカンドシリーズ第88話「ルパンの南極北極大冒険」(青パッケージ?)
 映画「次元大介の墓標」(ゴールドパッケージ)

⇒コチラ
⇒コチラも

kennt-t_convert_20170628193911.jpg maruborob_convert_20170628194201.jpg rosianotabako005.jpg

●ケント:KENT (アメリカ/ロリアード・タバコ社)
 ムック本「ルパン三世名場面集PARTⅤ」
=コチラ

●マールボロ:Marlboro (アメリカ/フィリップモリス社)
 セカンドシリーズ「花吹雪謎の五人衆(後編)」/PART4数話
⇒コチラ

●【おまけ】РУССКИЙ СТИЛЬ(ロシア/詳細不明)
 TVSP15作「お宝返却大作戦!!」冒頭にチラリと登場
⇒コチラ



■銭形警部愛用の煙草

sinnseib005.jpg rakki-sutob.jpg hairaitob_convert_20170628193745.jpg

●しんせい:SHINSEI (日本/日本たばこ産業)
 ファーストシリーズ第4話「脱獄のチャンスは一度」
 「ルパン三世名場面集PARTⅤ」他ムック本多数記載
 「LUPIN the Third -峰不二子という女-」第4話「歌に生き、恋に生き」
 TVSP数話

⇒コチラ

●ラッキーストライク:Lucky Strike(アメリカ/BAT社)
 セカンドシリーズオープニング(新ルパン三世'80)
⇒コチラ

●ハイライト:hi-lite(日本/日本たばこ産業)
 TVSP第9作「ワルサーP38」/TVSP第12作「1$マネーウォーズ」
⇒コチラ



■峰不二子愛用の煙草

more-sgs_2017062819471847e.jpg

●モア:More(アメリカ/R.J.レイノルズ・タバコ社)
 「ルパン三世名場面集PARTⅤ」他ムック本多数記載
⇒コチラ

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

次元大介の煙草 【6】

2003年放送のTVSP15弾「お宝返却大作戦!!」の冒頭に出てきた次元が喫っていた煙草。

舞台がモスクワだったのでロシアの煙草でしょうか?

rosianotabako003.jpg

次元が煙草の煙で風向きを測りながら狙撃する・・・と言う、ちょっとカッコイイ演出の小道具でした。

rosianotabako006.jpg

ネットで調べたらロシアの煙草でこんなのが・・・

「РУССКИЙ СТИЛЬ」

rosianotabako005.jpg

デザインは違いますが、名前のスペルがほぼ同じなので同じ煙草のパッケージ違いかと思います。

ただ

なんて読むのか分からない上、詳細不明です。

制作者の方々はどうやって調べたのでしょう・・・感心します。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

激烈ディスカッション 次元VS五右エ門

■徳間書店刊「月刊アニメージュ」1979年6月号掲載
 「ルパン三世 激烈ディスカッション 次元VS五右エ門」内記事(5頁)

ajyu7906-001.jpg ajyu7906-002.jpg

今回は「ルパン三世」の有力なFC「ルパンユニオン」の人たちに集まってもらった。おなじFCに属していても、それぞれ好みはモーレツにちがう。なにがちがうか、とことんいいあってもらうと・・・。(司会・大森俊治“東京ムービー・ルパン”FC編集長)

ルパンのファンクラブ会員7人(16~19歳)の座談会なのでルパン関連の情報としては特筆すべき点はありませんが、「次元と五右エ門」に対してのスタッフの見解がちょっとだけ述べられています。

ajyu7906-006.jpg

小林清志(次元の声)
クールな男といわれているけど・・・・悪くいえば自主性がない。よくいえばルパンを背後からささえる女房役。
宿命的出会いがあって、ルパンの魅力に巻き込まれた人間。ルパンに批判的かというとそうでもないし、知恵者でもない。本当にクールなのかな?ルパンがいなくなったら、彼はゼニでやとわれて動くような男なのかもしれないね。


ajyu7906-005.jpg

井上真樹夫(五右エ門の声)
五右エ門は一言でいえば寡黙な男。私もペラペラ立て板に水といったタイプではないので内面的には似たところがある。五右エ門は本来男らしい一面があるが、ここのところ“沈黙”ばかりで“らしさ”を出すのが難しい。
自分で声をやっているからいうわけではないが、もttp本来の特異なサブ・キャラの面を出していった方がいいと思うが・・・。

ajyu7906-004.jpg

演出・御厨(みくりや)氏
そう、次元と五右エ門は、ルパンがいなかったら別れてしまうでしょうね。やはり、心を許していないのかな。実際、ふたりだけのシーンで、どんな会話のやりとりをさせるか、でてこないときがある。次元は現実をよく見ているおとなだけど、五右エ門にはまだ青くさいところがある。
ただ、そういった対照の妙をたのしんで演出することもある。

ajyu7906-003.jpg

作画監督・北原氏
五右エ門はルパンの人間性にひかれていっしょにいるだけで“仲間”という意識はないんじゃないかな。
ルパンと次元がドロボウ稼業をやっていても、ひややかに観ていますでしょう。
五右エ門は、ルパンが持ち込んでくる危機の極限状態にあこがれているだけ、といえるんじゃないかな。でもどちらも魅力のあるキャラだな。


ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

ナポレオンのお宝

ナポレオンと言えばアニメ版「ルパン三世」ではお馴染みのお名前。

先日、TVSP「ナポレオンの辞書を奪え」を再鑑賞していて

「あれ、ナポレオンってルパンに何回登場した?」

と思い・・・我ながら好きですね・・・調べてみました。

naporeonnsyouzou001.jpg

ナポレオン・ボナパルト(1769年8月15日~1821年5月5日)または、革命期のフランスの軍人・政治家である。
ナポレオン1世として、フランス第一帝政の皇帝にも即位した。
フランス革命後の混乱を収拾して、軍事独裁政権を樹立した。
また、戦勝と婚姻政策によって、イギリス、ロシアとオスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いた(ナポレオン戦争)が、最終的に敗北して失脚した。 【Wikipediaより】


続きを読む

映画「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」のパンフレット

■2013年公開映画「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」のパンフレット

20170423-4007
※表紙

続きを読む

「ルパン小僧」とは

「ルパン小僧」とは

kozou501.jpg

双葉社の「漫画アクション」の別冊隔週刊誌として発刊された「週刊少年アクション」1976年1月26日号から6月20日号まで掲載されたモンキー・パンチ先生が描いた「ルパン三世」の子どもが主人公の漫画作品です。

「Wikipedia」では

1975年から1976年にかけ、『週刊少年アクション』に『ルパン小僧』が連載。
全18話。
ルパン三世と峰不二子(?)の間に生まれた、通称ルパン小僧が、父に跡継ぎとして認めてもらい父を超える大泥棒を目指すため、父親探しの旅に出るというストーリー。
相棒・合気マリリンや、小僧を追う警官・シャーロックJr、ルパン三世の財宝を横取りしようとする男・鼠なども登場する。

第1話では、母親に父親の居場所が書かれた地図を渡され旅に出て5年後、父親の屋敷を発見するまでが描かれている。
第18話には次元と五ェ門、第1話と18話にはルパン三世本人もゲスト出演しているが、ルパン三世として正体を明かしたうえでの対面はなかった。

『週刊少年アクション』の休刊に伴い、18話限りで終了。
結局、父親に認められてルパン四世になれたかどうかまでは描かれていない。

ルパン小僧は、『新ルパン三世』本編の第29話「死闘!!不二子対ルパン小僧」にも登場するが、同話に登場する峰不二子に「あんたは偽者で、俺の母親が本物の峰不二子だ」と言い、その不二子ももう1人の不二子の存在を否定し「ルパンと関係を結んだ事実はない」と言っており、どちらが本物の峰不二子なのかは不明。

『ルパン小僧』は、モンキー・パンチが少年誌に連載する際、編集部から企画として持ち込まれた設定であり、モンキー・パンチも文庫版のあとがきで、執筆の了承はしたものの「少年誌で子供の泥棒が主人公の漫画」を描いて良いものか迷っており、入稿期限を過ぎても下書きすら出来ていなかったことを明かしている。
しかし、『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』でのインタビューにおいて、ルパン三世の子供として今でも公に認めている発言もある。
またモンキー・パンチは、この作品を『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』で嫌々で描いた事を明かしている。


と記載されています。

続きを読む

「ルパン三世総集編」 (1999年~2001年)

■WEEKLY漫画アクション増刊号「ルパン三世総集編」
 1999年1月18日号~2001年1月20日号

20170601-306 20170601-307
(左)1999年1月18日増刊号「総集編VOL.1」 (右)1999年5月22日増刊号「総集編VOL.2」

20170601-315 20170601-314
(左)1999年9月6日増刊号「総集編VOL.3」 (右)2000年1月20日増刊号「総集編VOL.4」

20170601-312 20170601-313
(左)2000年5月26日増刊号「総集編VOL.5」 (右)2000年9月9日増刊号「総集編VOL.6」

20170601-311
2001年1月20日増刊号「総集編VOL.7」

「ルパン三世S」以後、WEEKLY漫画アクションに掲載された山上正月氏作画の「ルパン三世」をまとめたB5版の総集編です。

本作は「ルパン三世Y」と呼ばれ(タイトルの「Y」とは作画担当の山上正月を表しており、この作品に限らず、モンキー・パンチ以外が描いた漫画版『ルパン三世』のタイトルには作画担当者の頭文字が添えられる事が多い)2003年まで掲載は続きます。

こちらはあくまで「総集編」ですので「ルパン三世Y」以外の漫画は掲載されていませんし、おまけ企画や付録もないので、この後発売された単行本とほぼ同じ内容です。

「総集編」としてのタイトルはここまでで、これ以降の漫画アクション増刊号は「ルパン三世 magazin」のタイトルで発刊されます。

※山上正月著「ルパン三世Y」全20巻は⇒コチラ

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

特製アイロンプリント

■双葉社刊 漫画アクション増刊 1978年4月18日号
 「ルパン三世 そのメカニズムのすべて」 付録:特製アイロンプリント

20170412-308

アイロンプリントとは、「アイロンプリントシート(熱転写シート)に印刷した図柄をアイロンで生地に圧着する方法」です。
アイロンプリントシートは、台紙と印刷される特殊な紙の二枚重ねになっていて、アイロンの熱を加えることで、その特殊用紙が布にくっつき、印刷したインクが写るという仕組みとなっています。


アイロンプリントなので文字が逆になってます。

パワァコミックス版「新ルパン三世」の第1巻にもアイロンプリントが付いていましたが・・・・当時、やってみましたが失敗しましたね。

なのでこちらは未使用です。

続きを読む

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
「ルパン三世」に関する事。とりあえず何でも。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ