モンキー・パンチ著  「『MPガールズ』編」

■モンキー・パンチ著「モンキー・パンチ ザ・漫画セレクション4  『MPガールズ』編」(講談社/2004年第1刷)

20161001-020

●掲載作品

・「カラーガール」 PART1~5 (1974年「パピヨン」連載)
・「ピンキー・パンキィ」 Vol.1~6 (1987年2月より9月「月刊スーパーアクション」連載)
・「クライム・メイト」
・「テクニガール」 (1980年「漫画ゴラク」連載)
・モンキー・パンチ スペシャルインタビュー
 「女性の絵を描くのは、苦手だった」

★★★★★★★★・・(8/10)

「カラーガール」は1974年に雑誌「パピオン」・・・女性向けの月刊の漫画雑誌らしいのですが詳細は分かりません・・・に連載されていた作品です。

20170219-123
◆「カラーガール」(1974年「パピヨン」連載)

著者の「シャム猫」の主人公、ジュンとナオミが高校生として登場し、学校や友人のトラブルを解決する1話完結のストーリー。

女性向けですが「シャム猫」ほどではないにしろブラックジョーク(ちょっと社会派?)の効いた逸品です。

全何作かは不明ですが、出来る事ならウワサでタイトルだけしか聞いた事のない「帰ってきたルパン」を収録してほしかったのです。



「ピンキー・パンキィ」は本書の中では新しい部類の作品で、掲載していた雑誌がSF漫画を中心としていたため、本作もメカやパソコン、SFXなどが作中に登場するお話です。

20161001-019
◆「ピンキー・パンキィ」(1987年2月より9月「月刊スーパーアクション」連載)

「美人で、スタイル抜群!なのにとってもエッチ好き」 な女探偵J・J(ジュン・ジュン)が主人公の1話完結のストーリー。

面白いのですが「エッチ好き」なのにエッチシーンがほとんどないのが不満と言えば不満でしょうか。

それと・・・個人的な見解ですが・・・・モンキー・パンチ氏のメカって、あまりカッコよくはないんですよね。



「クライム・メイト」は・・・何かの書下ろしでしょうか?

絵柄は割と新しいのですが、内容的には著者の「シャム猫」の一編の様です。

20170219-122
◆「クライム・メイト」 何かの書下ろし?

お馴染みの“お茶ノ水ナオミ”と“日比谷ジュン”のほかに、私にはお初の“山の手ミキ”なる仲間が登場。

ただ、3人とも期待したほどの活躍はなく、オチの画鋲は「新ルパン三世」のNO,91「石、イシ、イシシシッ」を思い出させます。



読切短編の「テクニガール」は、本書の中では一番大人の作品でしょうか。

20170219-121
◆「テクニガール」 (1980年「漫画ゴラク」連載)

出てくるボスキャラが今までのモンキー・パンチ氏のキャラと一味違っていて好きですね。

最初は「逆イソップ物語」の「不思議なおんなの巻」を思い出しましたが・・・・ラストはまるで違います。

絵も美しいし、いつものごとくオチの効いた逸品です。



作品どれもがモンキー・パンチファンにはたまらない1冊でした。

絶版・廃刊が付きものの(笑)モンキー・パンチ作品にはまだまだ再版されていないお話がいっぱいあるはず。

講談社さんの「モンキー・パンチ ザ・漫画セレクション」にはもうちょっと頑張って短編作品を掘り下げて欲しかった・・・と思ってしまいます。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
「ルパン三世」に関する事。とりあえず何でも。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ