モンキー・パンチ著 「時間エージェント」 全1巻

■「時間エージェント」 全1巻 (双葉社/パワァコミックス/1980年3月初版発行)

20170219-114

人気作家・小松左京の原作のもとに、奇想天外、モンキー・パンチが展開する華麗なるSFコメディーの世界!!
おお、ワンダフル・・・!?

01) 「時間エージェント」(原作:小松左京)
    ・原人密輸作戦
    ・一つ目小僧
    ・幼児誘拐作戦
02) 「時間追跡者」(読み切り短編)
03) 「デッド・ブルース」(『シャム猫』の1編)


★★★★★★★★・・(8/10)

「時間エージェント」は日本を代表するSF作家・小松左京氏の小説です。

私も小松左京氏の小説は何冊も読んだことがありますが・・・・「時間エージェント」は、漫画版が先だったためでしょうか?正直、あまり覚えていません。

20170316-306 20170219-119
■「時間エージェント」小説&漫画

小説は「T・P・ジー・ビーシリーズ」として8話ありますが、漫画は全3話。

どんでん返しの効いたオチや主人公の上司の女性とのナニのシーンや脇役のキャラデザインなど、モンキー作品の魅力にマッチした物語なので3話で終わらせるには惜しい作品です。

特に作者もノッて描いていると思われる第1話の絵柄などはファンには見どころです。

■「時間追跡者」
20170219-116

「時間追跡者」はモンキー・パンチ氏のオリジナル短編。

ですが内容的には「時間エージェント」のスピンオフと言っても過言では無いような・・・オチは無いけど(笑)。

本作がいつごろの発表か分かりませんが、著者が「時間エージェント」に感化されて出来た作品ですかね。

■「デッド・ブルース」
20170219-125

「デッド・ブルース」は1974年週刊漫画アクションに掲載されていた「シャム猫」の一編。

「時間エージェント」「時間追跡者」とは明らかに絵柄も違い、内容的にも一緒に掲載されるのには違和感を覚えるのですが、これはこれでブラックなオチの効いた面白い作品です。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。
3話で終わったのは、掲載誌がツブれたからだそうです。
モンキーパンチ氏ご自身は、確かにノリノリだったようです。小説の角川文庫版「三本腕の男」にモンキーパンチ氏が寄せた解説文が収録されております。今なら角川文庫版を元にした電子書籍版のほうが入手しやすいかも。

Re: No title

情報ありがとうございます。
角川文庫版「三本腕の男」、モンキーパンチ氏の解説・・・
読んでみたい!
ので探してみます。




プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
「ルパン三世」に関する事。とりあえず何でも。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ