激烈ディスカッション 次元VS五右エ門

■徳間書店刊「月刊アニメージュ」1979年6月号掲載
 「ルパン三世 激烈ディスカッション 次元VS五右エ門」内記事(5頁)

ajyu7906-001.jpg ajyu7906-002.jpg

今回は「ルパン三世」の有力なFC「ルパンユニオン」の人たちに集まってもらった。おなじFCに属していても、それぞれ好みはモーレツにちがう。なにがちがうか、とことんいいあってもらうと・・・。(司会・大森俊治“東京ムービー・ルパン”FC編集長)

ルパンのファンクラブ会員7人(16~19歳)の座談会なのでルパン関連の情報としては特筆すべき点はありませんが、「次元と五右エ門」に対してのスタッフの見解がちょっとだけ述べられています。

ajyu7906-006.jpg

小林清志(次元の声)
クールな男といわれているけど・・・・悪くいえば自主性がない。よくいえばルパンを背後からささえる女房役。
宿命的出会いがあって、ルパンの魅力に巻き込まれた人間。ルパンに批判的かというとそうでもないし、知恵者でもない。本当にクールなのかな?ルパンがいなくなったら、彼はゼニでやとわれて動くような男なのかもしれないね。


ajyu7906-005.jpg

井上真樹夫(五右エ門の声)
五右エ門は一言でいえば寡黙な男。私もペラペラ立て板に水といったタイプではないので内面的には似たところがある。五右エ門は本来男らしい一面があるが、ここのところ“沈黙”ばかりで“らしさ”を出すのが難しい。
自分で声をやっているからいうわけではないが、もttp本来の特異なサブ・キャラの面を出していった方がいいと思うが・・・。

ajyu7906-004.jpg

演出・御厨(みくりや)氏
そう、次元と五右エ門は、ルパンがいなかったら別れてしまうでしょうね。やはり、心を許していないのかな。実際、ふたりだけのシーンで、どんな会話のやりとりをさせるか、でてこないときがある。次元は現実をよく見ているおとなだけど、五右エ門にはまだ青くさいところがある。
ただ、そういった対照の妙をたのしんで演出することもある。

ajyu7906-003.jpg

作画監督・北原氏
五右エ門はルパンの人間性にひかれていっしょにいるだけで“仲間”という意識はないんじゃないかな。
ルパンと次元がドロボウ稼業をやっていても、ひややかに観ていますでしょう。
五右エ門は、ルパンが持ち込んでくる危機の極限状態にあこがれているだけ、といえるんじゃないかな。でもどちらも魅力のあるキャラだな。


ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
「ルパン三世」に関する事。とりあえず何でも。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ