五右エ門の剣 【示刀流】

前に「五右エ門の剣 【3】」で

「この物語の中でちょっと分かりづらいのが “斬鉄剣” と一緒に出てくる “示刀流” と言う名前です。」

と書いたのは、原作漫画とアニメの中でまるで別の“示刀流”なる剣法及び拳法が何度か登場するからです。

goemonnkenn591.jpg

これにより、漫画とアニメ両方をみているマニアックなファンはちょっと混乱するのです。

漫画の中で最初に登場する“示刀流”は第41話「砕く」です。

goemonnkenn583.jpg
※漫画アクション1968年8月15日第54話「古武道シリーズ①砕く」
  (パワァコミックス版第41話「砕く」)


ここで登場する“示刀流”とは 空手 でした。

goemonnkenn855.jpg

その内容に関しては詳しく説明されてはいませんが、画面から察するに己の手(手刀)で相手を刀のように斬る技だと思われます。

goemonnkenn584.jpg

この 空手示刀流極意書全三巻 をルパンが狙い、まんまと手に入れますが、その目的はルパン曰く「武者修行」の一環でした・・・この時、最後にはルパンも“示刀流”を習得したように見えます。

ただし、この試合の前に他の流派とも試合をして勝ったと言うルパンが上げた名前は

「小野派一刀流」「新陰流」「馬庭念流」「北辰一刀流」

とすべて剣術の流派でしたが。

goemonn581_convert_20170909145120.jpg goemonnsisyou02.jpg

この時、ルパンと対決して敗れた(殺された)極意書の持主はアニメ版ファーストシリーズ第7話「狼は狼を呼ぶ」の総帥のモデルだと思われ、五右エ門は彼をボスと呼んでいました。


goemonnkenn581.jpg
※漫画アクション1968年8月22日第55話「古武道シリーズ②免許皆伝」
  (パワァコミックス版第42話「免許皆伝」)


つづく第42話「免許皆伝」で登場した“示刀流”は 小刀術 でした。

goemonnkenn561.jpg

ルパンが盗むと予告したのは 小刀術示刀流極意書全巻 で、その持主は黒服の美女・・・アニメ版ファーストシリーズ第7話「狼は狼を呼ぶ」に登場した峰不二子の変装「藤波吟子」のモデルと思われ、五右エ門はその仲間(師弟関係不明)でした。

goemonnkenn558.jpg goemonnkenn560.jpg

このエピソードでルパンは盗みに失敗し、次号に続く展開になりますが、この決着はその後で語られることはありませんでした。


goemonnkenn582.jpg
※漫画アクション1968年8月29日第56話「古武道シリーズ③殺と盗・・・・・・・・・・・・のない日」
  (パワァコミックス版第43話「殺しのない日」)


こちらは、ルパンが盗んだ 示刀流の極意書 を取り返すべく、五右エ門が何度もルパンに挑みますがことごとく失敗し、最後はルパンの仲間になるお話し。

この 示刀流の極意書 が空手なのか小刀なのか、それとも別の“示刀流”なのかは不明ですが、五右エ門は

柔道、空手、剣術を組み合わせて、現代武道に新風を吹き込んだ男

と言われていました(注:漫画では五右エ門は殺し屋ではありません)。

この時の五右エ門のボスは三人。

goemonnkenn569.jpg

台詞の中での「柔道家の講堂氏」「空手家の大山氏」「柳生流の石舟氏」と名前がありますが、この三人がそれに当たるのかは不明です(自分に氏を付けることはないので、少なくとも一人は違うと思われます)。

ちなみにそれぞれの名前は「柔道と言えば講道館なので講堂」「空手と言えば当時有名な大山倍達」「剣豪・柳生石舟斎」からのもじりでしょう。

goemonnkenn571.jpg

結局、五右エ門は文句ばかりのこのボスたちに見切りをつけるのですが、そのため 示刀流の極意書 は戻らずじまい。

この後、五右エ門は“示刀流”と関わりあう事はありません。

※ちなみに(何度も書いていますが)五右エ門の持っている刀は原作(初期)では斬鉄剣ではありませんし、特別な刀でもありません。


そんな原作三話を合体させたエピソードがアニメ版ファーストシリーズ第7話「狼は狼を呼ぶ」となります。

コチラに出てくる“示刀流斬鉄剣”とは、「暗黒街の殺法」と呼ばれる 刀を使った暗殺剣法 です。

goemonn13-002.jpg

その内容はさだかではありませんが、“斬鉄剣”を使った“示刀流”が“示刀流斬鉄剣”であると思われるので、たぶん剣術の流派なのでしょう。

このエピソードでルパンが狙うのは 示刀流斬鉄剣の秘伝書全三巻 なのですが、真の目的はその中に記された斬鉄剣の製造方法であり、剣法そのものではありません・・・・と、言うか“ルパン流”の前では“示刀流斬鉄剣”も形無しだったので、ルパン自身は“示刀流”など目もくれないモノなのでしょう。


上記の原作三話は漫画のエピソードなので、モンキー・パンチ氏の作風=一話一話完結の別物と考えると、別に辻褄が合わなくても良いのです。

しかし、アニメ版のルパン三世が有名になり、五右エ門の持っている刀=斬鉄剣が認知され、ファーストシリーズのこのエピソードの示刀流がイコール斬鉄剣と考えてしますと、漫画がまるで意味の分からないお話になってしまいます。

しかも、アニメでは”斬鉄剣”とは別にこの”示刀流”も一人歩きしている感があり、セカンドシリーズ第1話では五右エ門は「示刀流免許皆伝の腕前」と言って敵と戦っていますので、こちらでの”示刀流”は空手 なのでしょうね・・・・ここでも齟齬が生じています。

もともと漫画の五右エ門とアニメの五右エ門はその設定やキャラが違いますので一緒に考えないことが良いのは元より、アニメシリーズもそれぞれ別の世界観として混同しないのが得策かと。

とは言えマニアックなルパンファンはこんなくだらない事をグダグダ書いてしまうのが悪い癖。

私自身もわかっているコトなのに、再度アレコレと資料を見ながら書いているのが楽しいので困ったものです。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
「ルパン三世」に関する事。とりあえず何でも。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ