FC2ブログ

「ルパン三世 PART5」 4月3日(火)より放送!

ネット上で見かけた「ルパン三世 PART5」の画像。

lupin05posuta.jpg

ちょっと気になったトコが2か所ほど。

一番最初に気づいたのが次元の持っている拳銃です。

lupin05posuta - コピー

これって・・・・もしかしてM627?

ref1508835549_200.jpg

おぉ!ここに来て次元の銃も変えますか。

S&WM627はセカンドシリーズより次元の愛銃とされてきた(コンバットマグナムじゃない方ね)S&WM27のバリエーションです。

材質はステンレス鋼で、たしかにイラストでも銃が黒もしくはグレーではありませんね。

おまけに弾倉部分(シリンダー)の溝(フルート)が多いように見えますので、もしかしたら8連装(今までの次元の銃の弾は6連装)とした公式多装弾モデルのM627PCかもしれません。

m627pcsyasinn.jpg

リボルバーには変わりませんが、多少なりとも進化した選択になったのですね。

だったら、本シリーズではルパンのワルサーも変わっているのかな?

で、もう1ヶ所気になったのがルパンの左手。

lupin05posuta - コピー (2)

これ・・・昔からある日本製のマッチですよね。

jgnjggg.jpg

キャラデザインが「4」より続投と聞いていたので、てっきり小物も同じでルパンはダンヒルのスタンガン付ライターかと思っていましたが、マッチと来ましたか。

本作の記事で「デジタルガジェットを駆使して」とありましたので、もしかしたらその対比として古臭いマッチを持たせたのかもしれません。

正直、予告編映像を見た限りではそれほど凝った作画には見えなかったのですが、このような細かい部分の変化を見ると俄然期待感が高まります・・・あれ、北海道って・・・ちゃんと放送してくれるのかな?



以下Wikipediaより
【M627】
発売開始から半世紀以上経った1989年には、材質をステンレス鋼とし、シリンダーを側面に溝のない“ノンフルート”型、銃身をM586/686と同じバレルアンダーラグを持つ5 1/2インチのものとしたモデルが「M627」として発売されたが、銃身側面の刻印に".357 MAGNUM MODEL OF 1989"とあったことから、M627の名称よりは「S&W Model of 1989」の名称で知られている。この初代M627は1989年から1997年の生産停止までの間に約5,000丁が生産された。
【M627PC】
M27やM28はフレームが大きい分、シリンダー(弾倉)も大きいので細身の.357マグナム弾ならば7-8発分の収納スペースを作ることができる。このため、アメリカの射撃愛好家達による多弾装化カスタムが数多く製作され、1996年には、S&Wのオフィシャルカスタム部門であるパフォーマンス・センターによるカスタムモデルという扱いながら、シリンダーを8連装とした公式多装弾モデルである「M627PC(M627 Performance Center)」が生産された。


ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
「ルパン三世」に関する事。とりあえず何でも。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ